Aegis Wall

特権IDの個人認証/アクセス管理を低コストで実現

昨今では標的型攻撃やDDoS攻撃、未知のマルウェア、内部情報漏えいなどのインシデントは加速度的に増加し、サイバーセキュリティに対する重要性は日々増すばかりです。
インシデントの要因も多岐に渡り、そのための多重対策を行わなければセキュリティを担保できない状況になっています。一方でどこかに偏ったセキュリティ対策になってしまっている企業は少なくないのではないでしょうか。

増加傾向にあるWebサーバーへの攻撃から身を守ることはもちろんですし、重要な機密情報が保存されているデータベースのセキュリティを適切に管理するかも重要なポイントです。

今回はこのような背景を踏まえ、実際に起きたインシデント発生後の防御視点の変化についてヤフー株式会社にご講演いただき、合わせて外部攻撃・内部不正に対するソリューションをご紹介させていただきます。

 

□開催概要

日時 2016年6月24日(金) 15時00分~17時35分 [受付開始 14時30分]
定員 50名
対象 – 情報部門ネットワーク管理者、システム管理者
– 情報部門セキュリティ担当者
– システムベンダー、SIer
参加費 無料
会場 NHNテコラス株式会社 セミナールーム
所在地 / 東京都新宿区新宿 6-27-30
最寄駅 / 東京メトロ副都心線・都営大江戸線「東新宿駅」A3 出口直結
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿3丁目駅」E1出口徒歩6分
参加費 無料
NHNテコラス株式会社 セミナールーム
会場 所在地 / 東京都新宿区新宿 6-27-30
最寄駅 /京メトロ副都心線都営大江戸線「東新宿駅」A3 出口直結
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿3丁目駅」E1出口徒歩6分
基調講演

『Yahoo! JAPAN IDを護るサイバーセキュリティ対策~インシデント発生後の防御視点の変化とその歩み~』
2013年に発生したYahoo! JAPAN IDを管理するデータベースへの外部不正アクセス。ヤフー株式会社がこのサイバー攻撃
検知後に取り組んできたデータベースの堅牢化について、インシデント発生によりセキュリティ防御の視点をどのように変えて
行ったのか、システム構成やデータ配置だけではなくなく利用者の承認制御やコストコントロールの観点も交えて実例と共に
その歩みを紹介いたします。

ヤフー株式会社
CISO-Board
宮下靖史

講演

『内部統制を強化して情報漏えいを根本から防ぐデータベースセキュリティ』
標的型攻撃をはじめとする外部からの攻撃に加え、ここ最近では、管理権限を持った管理者、社員、委託先を含めた内部犯行に
よる情報漏えいが頻発しています。そのようなインシデントが1回でも発生してしまうと企業は経済的損失が発生するだけでなく
社会的信用を大きく失いかねません。
本セッションでは内部統制を強化し、情報漏えいを根本から防ぐソリューション「Aegis Wall」をデモを交えてご紹介します。

NHNテコラス株式会社
セキュリティ事業部
河内拓也

 

PAGE
TOP