Aegis Wall

特権IDの個人認証/アクセス管理を低コストで実現

トピック

要点1. ユーザーを一意に識別する

アクセス管理の要点

アクセス管理を運用する上で、「誰がアクセスしたか」を正確に識別することの重要性をご説明します。

要点2. ログの適切な記録と監視をする

アクセス管理の要点

アクセス管理の肝となるログの記録と監視について、検討しておきたい5つのポイントをご紹介します。

要点3. 職務に応じた権限設定をする

アクセス管理の要点

重要データへのアクセスを業務上必要な範囲内に制限することの重要性についてご説明します。

1. 追加認証

個人認証

サーバー/DBのユーザーIDを共有していても個人識別を可能にする「追加認証」についてご説明します。

2. 二段階認証(二要素認証)

個人認証

個人認証の強化に役立つ、ワンタイムパスワードを用いた二段階認証の機能をご紹介します。

3. パスワード管理

個人認証

サーバーへのアクセス時に必要なパスワードを安全に管理する機能についてご紹介します。

1. 網羅的なログ取得

ログ記録

リモートアクセスも含めたデータベースへのあらゆるアクセス経路を管理できるAegis Wallの対応OS/DBMSについてご説明します。

2. 効率的なログ検索

ログ記録

いつ誰がどこで何をしたのかを区分し、サーバーやDBの種類を問わず共通の形式で保存されるAegis Wallのログ保存形式についてご説明します。

3. ログの保護

ログ記録

DB/OSへのアクセスログ改ざんを防ぐためのAegis Wallの仕組みについてご説明します。

1. アラート

アクセス制御

ポリシーに違反するアクセスや操作があった場合、管理者にアラートを送信する機能についてご説明します。

PAGE
TOP