2017年6月22日(木)に日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)が主催する「PCIDSSセキュリティフォーラム 2017」に講演企業として参加・登壇いたします。

2020年に向けたクレジットカード情報の安全確立のため、 カード事業者は“実行計画”に基づき、カード情報を非保持にするか、PCI DSSに準拠することが、期限つきで求められています。
この“実行計画”を法的な裏づけで強化する、割賦販売法の一部改正法が2016年12月に成立。カード情報の安全管理は、加盟店にも直接の義務になることもあり、クレジットカード取扱い事業者の動きが本格化しています。
こうした流れの中、日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)が、カード加盟店や通販企業、サービス・プロバイダーの、PCI DSSへ効率的に準拠することを支援するため、このフォーラムを開催いたします。

NHN テコラスでは、16:00~ホールD5にてセキュリティ事業部 シニアマネージャー/CISSP 三浦が登壇いたします。ぜひご参加ください。

 

 

イベント名 PCIDSSセキュリティフォーラム 2017
日時 東京国際フォーラム(有楽町駅前)
▽16:00~
セキュリティ事業部 シニアマネージャー/CISSP 三浦康暢
PCI DSSを前提としたDB/Webシステムセキュリティの管理強化の観点
詳細情報 PCI DSSの認証取得では、DBやWebシステムに対するIDマネジメント、ログ管理・監査証跡、脆弱性管理の強化検討が重要となります。
本講演では認証取得を目指す企業様向けに、PCI DSSの監査を意識したDB/Webシステムのセキュリティ維持に有効な対策についてご紹介します。
詳細および登録については こちら